契約のペナルティは?

家を売るとなると登記の変更など手続きが複雑になり面倒と感じることが多いです。契約の書類内容も見慣れない言葉が出てきますし、分からないことも多いです。

面倒なことが多いので基本的には契約をした不動産会社にお任せしたい部分でもありますが、気づかないで売り手である自分自身が契約違反してしまうのは避けられません。

手続き実際に契約をする際は不動産会社から丁寧な説明を受けるので、分からないことが出てきたら、しっかりと理解して手続きを進めていった方が良いです。
専属専任媒介契約を結んだ場合、自分自身で見つけた方と売買の契約を進めるのはペナルティになります。
不動産会社は専属専任媒介契約をしたことで物件を売るために広告などの費用を使っていますので、不動産会社を経由して仲介手数料を貰わなければ損してしまいます。

仮に専属専任媒介契約を結んだ後に個人的に買い手を見つけた場合、契約を解除するか不動産会社を経由しての手続きになります。媒介契約の期間については、宅地建築取引業法では最長3ヵ月となっています。
契約期間については不動産会社と手続きをする際に確認が必要です。契約をする際に、どの契約をした方がよいかは不動産によってベストな選択は変わってきます。一般媒介だと複数の不動産会社に依頼できますが営業活動の報告義務もありません。


契約の法律的義務は?

専属専任媒介も専任媒介の契約も不動産会社には契約を結ぶことで法律的な義務が発生します。不動産会社には指定流通機構への登録が義務付けられており、専属専任媒介だと5日以内の登録が義務付けられており、専任媒介だと7日以内の登録が義務付けられています。

報告専属専任媒介で契約をした場合、不動産会社には1週間に1回以上の報告義務があります。
専任媒介だと2週間に1回以上の報務告義があります。

報告というのは法律上は色々な取り決めがあるのですが、簡単に言うと、どれだけ依頼された不動産を売るために活動したかという報告になります。
一般媒介で契約をした場合は指定流通機構への登録義務はなく、報告義務もありません。

専属専任媒介や専任媒介で契約した場合は一社しか契約できないルールになっていますので、売り手としても不動産会社がどれだけ活発に営業活動しているかを報告で知ることができます。
専属専任媒介契約の場合、個人的に見つけた方との不動産の売買ができないという縛りがあるので、法律的にも報告義務などが厳しくなっています。不動産会社との契約内容な複雑な言葉が多いですが、基本的には家を売ることを依頼した不動産会社と信頼関係をしっかり結ぶという内容になります。


専属専任媒介とは?

実際に家を売るために不動産会社に相談をして、不動産会社が家を売るサポートを開始するとなると、まずはどういった契約を不動産会社と結ぶかになります。契約の種類には専属専任媒介・専任媒介・一般媒介があり、法律で定められた契約になります。どの契約にするかは実際に不動産会社と相談しながらベストな方法を選択したほうが良いです。

不動産会社と相談不動産というのは条件によって色々とケースが変わってきますので、どの契約をしたらベストかというのは、なかなか個人では判断するのが難しいです。
実際に不動産会社と相談をしながら、契約の種類を選んでいくのがベストですが基本的な知識を持っていた方が、契約の特徴を理解することができます。

専属専任媒介と専任媒介については契約をすると他の不動産会社に依頼ができないルールがあります。
一般媒介は他の不動産会社にも依頼をすることができます。

不動産会社に家を売る依頼をして個人的に売る人が見つかるというケースも少なくありません。
個人的に売る人を見つけたケースを自己発見取引とも呼びます。専任媒介の場合は自己発見取引を進めることができますが、専属専任媒介の契約だと自己発見取引は進めることができないルールになっています。


家を売る契約の違い

不動産に関する手続きは法律が関係してきますし、売買にかかる費用もそれなりに大きな金額になるので慎重に手続きを進めたいです。家を売ると考えたら、個人で進めることも可能ではありますが、不動産会社を仲介して手続きを進めた方が安心感があります。

契約相続に関わる登記の部分だったりと法律的な面も不動産会社がサポートしてくれますので、個人的に家を売る相手が見つかっていたとしても不動産会社を仲介した方が何かと楽な部分はあります。
不動産の売却を不動産会社と進める際に、まずはどのような契約で進めるのかという選択肢が出てきます。
不動産会社と契約には大きく3つ契約があり、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。
似たような言葉ですが、契約内容によって契約違反になってしまうケースもあります。

契約の種類については、宅地建築取引業法という法律によって媒介契約を書面で取り交わすというルールになっており、法律で決められたルールになっています。契約によっては売り手に対して不動産会社が報告義務がある契約もあり、法律でしっかりと守られたものになっています。
媒介というのは仲介という意味になり、一般的には不動産の仲介手数料という意味合いでもあります。仲介手数料は媒介手数料とも呼び、基本的には同じ意味になります。専属専任媒介か専任媒介、一般媒介にするかで宅地建物取引業者である不動産会社にも決められたルールが変わってきますので、不動産会社の物件に対しての扱いにも変化が出てくる可能性があります。