専属専任媒介も専任媒介の契約も不動産会社には契約を結ぶことで法律的な義務が発生します。不動産会社には指定流通機構への登録が義務付けられており、専属専任媒介だと5日以内の登録が義務付けられており、専任媒介だと7日以内の登録が義務付けられています。

報告専属専任媒介で契約をした場合、不動産会社には1週間に1回以上の報告義務があります。
専任媒介だと2週間に1回以上の報務告義があります。

報告というのは法律上は色々な取り決めがあるのですが、簡単に言うと、どれだけ依頼された不動産を売るために活動したかという報告になります。
一般媒介で契約をした場合は指定流通機構への登録義務はなく、報告義務もありません。

専属専任媒介や専任媒介で契約した場合は一社しか契約できないルールになっていますので、売り手としても不動産会社がどれだけ活発に営業活動しているかを報告で知ることができます。
専属専任媒介契約の場合、個人的に見つけた方との不動産の売買ができないという縛りがあるので、法律的にも報告義務などが厳しくなっています。不動産会社との契約内容な複雑な言葉が多いですが、基本的には家を売ることを依頼した不動産会社と信頼関係をしっかり結ぶという内容になります。