実際に家を売るために不動産会社に相談をして、不動産会社が家を売るサポートを開始するとなると、まずはどういった契約を不動産会社と結ぶかになります。契約の種類には専属専任媒介・専任媒介・一般媒介があり、法律で定められた契約になります。どの契約にするかは実際に不動産会社と相談しながらベストな方法を選択したほうが良いです。

不動産会社と相談不動産というのは条件によって色々とケースが変わってきますので、どの契約をしたらベストかというのは、なかなか個人では判断するのが難しいです。
実際に不動産会社と相談をしながら、契約の種類を選んでいくのがベストですが基本的な知識を持っていた方が、契約の特徴を理解することができます。

専属専任媒介と専任媒介については契約をすると他の不動産会社に依頼ができないルールがあります。
一般媒介は他の不動産会社にも依頼をすることができます。

不動産会社に家を売る依頼をして個人的に売る人が見つかるというケースも少なくありません。
個人的に売る人を見つけたケースを自己発見取引とも呼びます。専任媒介の場合は自己発見取引を進めることができますが、専属専任媒介の契約だと自己発見取引は進めることができないルールになっています。