不動産に関する手続きは法律が関係してきますし、売買にかかる費用もそれなりに大きな金額になるので慎重に手続きを進めたいです。家を売ると考えたら、個人で進めることも可能ではありますが、不動産会社を仲介して手続きを進めた方が安心感があります。

契約相続に関わる登記の部分だったりと法律的な面も不動産会社がサポートしてくれますので、個人的に家を売る相手が見つかっていたとしても不動産会社を仲介した方が何かと楽な部分はあります。
不動産の売却を不動産会社と進める際に、まずはどのような契約で進めるのかという選択肢が出てきます。
不動産会社と契約には大きく3つ契約があり、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。
似たような言葉ですが、契約内容によって契約違反になってしまうケースもあります。

契約の種類については、宅地建築取引業法という法律によって媒介契約を書面で取り交わすというルールになっており、法律で決められたルールになっています。契約によっては売り手に対して不動産会社が報告義務がある契約もあり、法律でしっかりと守られたものになっています。
媒介というのは仲介という意味になり、一般的には不動産の仲介手数料という意味合いでもあります。仲介手数料は媒介手数料とも呼び、基本的には同じ意味になります。専属専任媒介か専任媒介、一般媒介にするかで宅地建物取引業者である不動産会社にも決められたルールが変わってきますので、不動産会社の物件に対しての扱いにも変化が出てくる可能性があります。