家を売るとなると登記の変更など手続きが複雑になり面倒と感じることが多いです。契約の書類内容も見慣れない言葉が出てきますし、分からないことも多いです。

面倒なことが多いので基本的には契約をした不動産会社にお任せしたい部分でもありますが、気づかないで売り手である自分自身が契約違反してしまうのは避けられません。

手続き実際に契約をする際は不動産会社から丁寧な説明を受けるので、分からないことが出てきたら、しっかりと理解して手続きを進めていった方が良いです。
専属専任媒介契約を結んだ場合、自分自身で見つけた方と売買の契約を進めるのはペナルティになります。
不動産会社は専属専任媒介契約をしたことで物件を売るために広告などの費用を使っていますので、不動産会社を経由して仲介手数料を貰わなければ損してしまいます。

仮に専属専任媒介契約を結んだ後に個人的に買い手を見つけた場合、契約を解除するか不動産会社を経由しての手続きになります。媒介契約の期間については、宅地建築取引業法では最長3ヵ月となっています。
契約期間については不動産会社と手続きをする際に確認が必要です。契約をする際に、どの契約をした方がよいかは不動産によってベストな選択は変わってきます。一般媒介だと複数の不動産会社に依頼できますが営業活動の報告義務もありません。